機械設備

CNC複合旋盤(ターニングセンター)

DMG森精機製 NL-1500SMC & NL-2000SMC
会社方針

NL-1500SMC、NL-2000SMC、それぞれ1台(計2台)を設備しております。

・コレットチャックシステムを主体に加工
・NL-1500はメインチャックφ50mm材まで対応
・NL-2000はメインチャックφ65mm材まで対応
  サブスピンドルは両機共φ42mmまで対応
・ミーリングシステムと背面加工用サブスピンドル付
・メルダス対話式プログラムシステム搭載

この機械は弊社ではコレットチャック仕様を主に使用していきます。コレットで掴む事が出来る最大加工径はφ65mm(サブ側はφ42mm)。バー材供給装置(バーフィーダー)は付いてませんが、定尺材を弊社で1メーターほどに切断したものを機械スピンドル内にセットし、背面用サブスピンドルを利用して材料を引き出しながらの連続自動運転加工が可能です。

CNC複合旋盤(ターニングセンター)加工動画はこちらから

 


CNC旋盤

DMG森精機製 CL-2000BT
社長

オーソドックスなNC旋盤です。

・8インチ 3爪パワーチャック仕様
・φ150mmまで対応可能
・テールストック装備

取り付けツールの本数は10本、主軸は3爪パワーチャックです。現在の弊社設備では唯一のパワーチャック仕様で、寸法切り材からの加工はこの機械でほぼ全て加工していきます。対応外形サイズはφ150mm程度までとなります。(機械的にはφ200mm以上可能ですが、弊社設備等上φ150mm程度までとさせていただきます。)
テールストック(回転センター)も装備しており、長尺物へも対応可能になっています。

CNC旋盤加工動画はこちらから


シチズンマシナリー(旧ミヤノ)製 Miyano BNC-75Ⅱ

こちらもオーソドックスなNC旋盤です。

・コレットチャック仕様
・加工径はφ34mmまで対応可能
・テールストック装備

インデックスに取り付けられるツール数は6カ所と少ないですが、ダブルツールと言われる1カ所に2本のツールを取り付け可能なホルダーによって、取り付け最大数12本とツール数を稼いでいます。
機械の性能はφ34mmまで対応可能ですが、弊社ではφ30mmまでの製品をこの機械で加工します。
テールストック(回転センター)も装備しており、長尺物へも対応可能になっています。


マシニングセンター(タッピングセンター)

キラ・コーポレーション製 VTC-30a

小型マシニングセンター(MC)です。

・スピンドル ツールシャンク形状はBT30タイプ
・NC旋盤加工後の複合加工の対応可能
・穴開け加工
・タップ(雌ねじ切り)加工
・フライス(平削り)加工 等

取り付け可能なツール数は10本、ツールシャンク形状は BT30 と言う形式になります。主な仕事はNC旋盤加工後の二次加工です。穴開け・タップ加工・フライス加工等をこなしていきます。

マシニングセンター加工動画はこちらから


その他

上記主要機械以外には ペンチレス小型旋盤 ボール盤 エアーコンプレッサー 等の設備となります。